団体概要・活動理念

YABASTA!

活動理念

・ジャバスタとは?

ジャバスタ(¡YA BASTA!)という単語はもともとメキシコのサパティスタ民族解放軍のスローガンであり、日本語に訳すと「もうたくさんだ!」という意味を持ちます。サパティスタ民族解放軍の活動は、武力や脅迫といった一般人の犠牲者をも生むテロリズムに頼る従来の運動とは異なり、インターネットを介して大々的に自らの主張を展開し、またそれによって世界的な支援を獲得したために、もはや武力などの実力を行使せずとも隠然たる影響力をメキシコ政府に対して持つに至ったというまさにIT時代の革命運動と呼ばれています。メキシコにおける差別構造を批判し対話によって問題を解決するという姿勢は全世界から支持と共感を得ています。

私たちは同志社大学の学生の集まりであり、当然ですがサパティスタ民族解放軍の下部組織ではありません。しかしながら差別や貧困に対して「もうたくさんだ!」と声を上げ、平和的に問題を解決してゆく彼らの姿勢に感銘を受けサークルの名称として用いることとしました。

・同志社大学登録団体 ジャバスタ(¡YA BASTA!)とは?

大学生活の、大学の主役・主体は学生であるはずです。しかし現実は、就活のために学生生活を犠牲にしなければならない現状に、就活予備校と化した大学に、大学当局に管理された課外活動に、他にもあるかもしれませんが、少なくとも学生の生活は学生以外の「だれか」によって支配されてしまっています。大学とは自由でありあらゆる文化的営みに寛容であるべき場所であると思いますが、事実、そうではないのです。現在、学生は組織や社会、企業に対して従順であることが求められ、少しでも異質な人間は排除されてしまっています。学生は学生生活のあいだにで企業の求める人材という「製品」へと自らを加工しなければなりません。また、加工されてゆくのでしょう。そうならざるをえないのです。大学は自らを「自由な学びの場」であると言いながら、実際は学生に対して4年間で「労働力商品」へと自らをつくり上げる(さもなくばアカデミックな世界へと入る)ことを要請します。この要請はかなり強く、価値観に合わない学生を精神疾患かその手前まで追い込むほどです。非正規雇用率や失業率が増加していて就職できない人が確実に生まれている中で、就職できるか否かで価値があるかないか決まってしまうこと自体に疑問を付すべきではないでしょうか。私たちは大学や社会が要請する生き方とは別の生き方が価値観の上でも、実際の生活の上でも実践できることを目指します。

また、現在大学の運営権を握っている人たちは秘密会議によって物事を決定し学生には結果だけを通知するという非民主的な運営を行っています。私たちは議論のプロセスを大事にしジャバスタ(¡YA BASTA!)に集う学生の自律性と合意に基づいて活動を行っていくよう努めます。大学の運営権を握る人たちがおかしな決定を行っていると私たちが判断した場合はそれに対して異議を申し立てることも行います。

私たちが取り組んでいる問題がすべての学生にとって切実な問題であるかどうかはわかりません。しかし、少数とは言え同じ学生が大学で問題に直面しているとき、大多数の他の学生が自分の利害とは関係ないからといって無関係でよいのでしょうか。切り捨てられるのは常に弱者で少数者です。差別や迫害は常に大多数の人間にとって関係ないところから始まります。自分の大学生活をよりよいものにしたいという思いは全ての学生に共通の思いだと考えます。その思いを実現するためには他人の困難を自分の困難として考え、大学内一部の問題を全体の問題として考える必要があると考えます。
私たちが話しあうとき、議論の対象は学生生活にとどまりません。個々人の趣味・嗜好から人生観に至るまで話題は尽きることがありません。私たちがある問題について扱い議論しながらも、それらを超えたところへと辿り着くことがあります。自分の人生をよりよいものにしたい、今この瞬間をより楽しく充実したものにしたい。私たちジャバスタ(¡YA BASTA!)の目的は問題を突き詰めていった「その先」にあるのです。すなわち大学という自分の居場所に受け身である学生や、疲弊させられてしまった学生、彼又は彼女たちが「生きるエネルギー」を得たり取り戻したり、そういうことが私たちにとっての最終目的なのだと考えています。
ですから私たちは学生生活の、学生自治のあり方を追求します。大学とは誰のものか、自由な学生活動とは何なのか、それらを考え、行動します。自由を奪ったのは誰か。その誰かを私たちは許しません。今の学生、未来の学生、そのすべてに自由な大学生活を。

団体概要

2013年度同志社大学学生支援センター登録団体
(2014年度も登録申請予定)

活動校地:今出川校地
加入資格:上記活動理念と活動方針にご賛同いただける方なら大学・学年・所属・経歴・職業・性別・国籍・民族・政治思想その他一切不問
活動内容:週一回のミーティングをベースに活動、その他講演会を主催やフィールドワーク等。これまでの主要な活動はこちら
会費:現在は徴収していませんが将来的には月数百円程度の会費を徴収する場合があります。ただし個人の経済状況によっては応相談。
その他留意事項:他サークルとの掛け持ち可、留学生可

見学希望、加入希望等お問い合せはこちら

 

団体概要・活動理念」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: ジャバスタは新規会員を募集しています。 | 同志社大学登録団体 ジャバスタ(¡Ya basta!)·

  2. ジャパスタ様

    ご活躍は拝見しております。
    私も協力したくご連絡差し上げました。

    どのような形でメンバーになれるでしょうか。

  3. 先ほど連絡させていただいたものです。

    再度連絡させていただきます。

    ジャバスタ様に参加する方法を教えてください。
    私も同大学のある団体の被害にあった者です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中