【バイク通学禁止】メディア掲載のご報告

本日2013年10月21日の産経新聞朝刊社会面に、同志社大学のバイク通学禁止に関する記事が掲載されました。(記事はこちら )また、少し前の話になりますが、9月25日の京都新聞夕刊にも掲載されました。
同志社大学の学生新聞である同志社大学PRESSさんもこの問題を取り上げてらっしゃいます。(記事

私達ジャバスタに対しても取材の申し入れがあり、それらについては一切断ることなくありのままの事実をお答えしてきました。バイク通学禁止が学生にどのような影響をあたえるのか、いかに大学側のバイク通学禁止の決定が一方的で不誠実なものか、学生の声を記者の方にお伝えすることができ、結果として私達のコメントが記事に掲載されました。

取材をされる、紙上に掲載されるということはこの問題について社会が関心を持っているということです。そしてそれは、大学側の言い分に世間が疑問を感じているということにほかなりません。学生の生活は大丈夫なのか?大学生なのにバイク通学禁止ってどうなの?大学は責任を果たしたのか?大学はこれらの問に対して今までどおりのマニュアル・テンプレの回答ではなく、真摯に考え答えを出してほしいと思います。

私達も大学に対しては申し入れ書をすでに提出しており、回答を待っている状況です。(提出時の様子

過去にも私達は大学に対して申し入れ書を出したことがありますが、それに対する回答は全く誠意のない言動、あるいは建前だけの回答でした。こちらが提示した疑問にほとんど答えず、予め用意された文章をただ送りつけただけの、薄っぺらい回答でした。

ただ、私達はそれでも大学の良心を信じます。奇しくもこの4月に学長が交代し、法学部村田教授が学長となりました。この新体制のもとで学生と大学当局との対話の道が開かれることを望みます。結論がどうであれ同志社大学という一つの場所で暮らす人間同士が真剣に話し合い、議論できたなら、大学という場所は今よりもう少し良い場所になると信じています。村田学長の申入書に対する回答の期限は24日(木)です。大学と村田学長の良心に期待します。

これからもジャバスタにご支援をお願いします。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中