りべるたんを表敬訪問

東京東池袋に所在する「自主生存」と「文化発信」を理念とする共同運営実験スペース「りべるたん」を訪問して来ました。

最近の流行りとして、シェスペースやシェアハウスがありますが、あえてこういう空間が必要とされているということは、裏を返せばそれだけ現在の大学が閉塞しているということに他ならないと思います。

私達ジャバスタも「居場所づくり」や「溜まり場づくり」に関心を持っています。そういう訳で訪問して参りました。

IMG_0572東京メトロ有楽町線東池袋から徒歩8分

IMG_0573一見ただの民家に見えるこの家こそ、若者のエネルギーあふれるりべるたんなのです。私が行ったときは熱く桃鉄をしてらっしゃいました。

IMG_0574

IMG_0575りべるたんは誰でも宿泊できるそうなんですが、一定額のカンパが求められるそうです(生活困窮者は無料)ちなみに月一万五千円払えば住人になれるんだそう。この値段でこの場所に住めるのは儲けものかもしれません。

IMG_0576なにやら主張しているビラ達。京田辺の学生会館別館を彷彿とさせるものがあります。

IMG_0582これは…  最近の大学では見られないものがこんなトコロに

IMG_0584記念に名刺を貼って帰って来ました。これからも仲良くしましょう!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中