サークル登録不許可!なぜだ!? 支援課は「証拠あんのか!」としらを切る。

2・25に行ったサークル登録申請が不許可となりました。理由は「卒業生は会員として認められないから」とのことです。しかし、私たちは9月に支援課に対して「卒業生でも会員になれる」旨確認をとっていました。しかしそのことを指摘すると「そんなこと言ってないと思う。証拠はあるのか。ゴネるな!」とうそぶいています。自分たちのミスで学生に不利益を与えておいて調査もせず謝罪もしない。たしかに言った言わないの事になってしまうのかもしれませんが

じゃあこれから 学生支援課に行くときはビデオカメラ持参で録音録画しながら行かないといけないんですかね??

学生支援課と私達とのメールを以下に転載します。どちらに非があるのか判断して見てください。

ちなみにこちらががサークル登録申請にあたっての要項・規則です。過半数が学部生であることとは書かれていますが、どこにも「卒業生は不可」ないしは「会員は全員学生でないとならない」とは書かれていません。
説明会資料申請要領


・支援課→当会会長
こんにちは。同志社大学学生支援センターです。

申請いただきました登録団体「ジャバスタ」の件ですが、8人のメンバー
のうち、2名の卒業生が含まれております。学生支援センター登録団体は
「学生団体」であり、これまで卒業生は認めておりませんでした。
登録団体の条件には、「会員の所属学部が複数にまたがっていること。」
と記載しており、会員はそもそも所属学部がある者、つまり学生を意味し
ており所属学部の無い者、つまり学生以外の者は会員として認められませ
ん。但し、大学院生については、所属学部はないが、所属の研究科があり、
学生でもあるので以前から会員として認めております。

以上のことから、卒業生を除くと会員数が6名となりますので、今回の
登録申請については登録不可とさせていただきます。

なお、登録団体の第2期の申請期間は、4月1日までとなっております。

*****************************************
同 志 社 大 学
京田辺校地学生支援課
学生支援係
〒610-0394
京都府京田辺市多々羅都谷1-3
TEL : 0774-65-7410
FAX : 0774-65-7409
E-mail : jt-gakse@mail.doshisha.ac.jp
********************************************


・当会会長→支援課

同志社大学 京田辺校地学生支援課 学生係様
先ほど電話したジャバスタ代表の**です

卒業生がメンバーであることがサークル登録不可との理由とのことですが、これ以外に登録不可の理由はありますでしょうか?

私たちは本件に関してあなた方学生支援センターに対して強く抗議したいと考えております。
何故ならば、9/24日にそちらの窓口にお伺いしたとき「過半数の会員が学部生であれば、残りの会員は誰でも(例えば私の家族、父や母でもいい)」とそちらの支援課の職員さんに言われました。これは今回の登録不可の説明と相違するものです。私はその説明を信じて卒業生をメンバーとして記載しました。当方としましてはそちらの職員さんの誤った説明によって登録ができない・新歓に参加できない等の不利益を被った、ある種騙されたと認識しています。これについてそちらにも責任があり納得の行く説明を、そして救済措置を求めたいと考えています。場合によっては学内の然るべき機関へ訴え出ることや法的措置も検討しています。
そもそも「卒業生が不可」というルールが有るのならなぜ登録書類を受け取ったのですか?私が今出川で書類提出をした際にも簡易的な書類のチェックが行われ、予算その他に関しての記載について訂正を求められましたが、そのようなルールが有るならばなぜ「卒業生がメンバーにいる」という重大な問題については問題とせず、予算の細かい記載については問題にしたのでしょうか。これこそ「卒業生が不可というルールなど存在しない」という証拠ではないでしょうか。そもそも「学生でないと会員になれない」という記載はなく、「会員の所属学部が複数に渡っていること」という規則から「全員が学生でないといけない」という内容を類推するのはいくらなんでも日本語的に不可能であり、そもそもそちらの説明不足の責任は免れないのではないですか。
たしかに電話で「言ったという証拠はない」とカワムラさんが言われましたように直接的な証拠はないです。しかしながら、「9/24に京田辺支援課の窓口へ行ったこと」自体は私のツイッターでの投稿の記録から明らかであり証明可能です。また、9月24日直後に私が友人に「支援課で、サークル作るのに過半数の会員が学部生であれば、残りは家族でもいいって言われた。」と私が話したのを複数の友人が覚えてくれており、それを証明してくれるとのことです。たしかにそちらの職員が言ったという直接の証拠ではないですが、「私が2月のサークル登録の時期になってからこの話をでっち上げたのではない」という証拠にはなり間接的な証拠にはなるはずです。
私に「過半数の会員が学部生であれば、残りの会員は誰でも(例えば私の家族、父や母でもいい)」と説明をした職員さんについて、名前がわかりませんのでネットで見つけた顔写真を添付してお送りします。彼に対して本件に関して事実確認をお願いします。
※画像については、写っていたご本人の希望により削除いたしました。

広告

サークル登録不許可!なぜだ!? 支援課は「証拠あんのか!」としらを切る。」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 闘争勝利?(笑)強硬な支援課の態度が一変!サークル登録申請認可を勝ち取る! | 同志社大学登録団体 ジャバスタ(¡Ya basta!)·

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中